この治療院の仕事は誰に任せるの??  | 次世代治療院革命

次世代治療院革命の記事

この治療院の仕事は誰に任せるの?? 

カテゴリー:治療院経営ノウハウ

この記事は 約 3分33秒 で読めます。

この治療院の仕事は誰に任せるの??

今日は質問をいただきましたので、ご紹介いたします。

いつもメルマガを楽しみにしています。

愛知県で接骨院やデイサービスやリラクゼーションのお店をやっているものです。

今当社の中で起こっている問題として、この仕事は誰がやる?あの仕事は誰がやる?

という様な受付の仕事でもあるし、先生の仕事でもある全体で管理しなければいけない仕事がやる人任せ状態になっています。

非常に細かい仕事ですが、例えば

・トイレの掃除道具は誰が買う?

・店内で使うボールペンは?

・患者様が読む本は?

・エアコンの掃除は?

・店内にある棚は誰が掃除する?

細かいチェックリストを作り全体で管理しようとしたら、やる人とやらない人の差が出ました。

次は◯◯の仕事は◯◯先生の仕事という風に役割分担をしたら、これは自分の仕事、あれは◯◯の仕事だからやらないといった感じで自分の仕事以外はやらなくなってしまいました。

なぜ出来ないか聞くと、自分は必死にやっている、他の人がやらないといった答えが返ってきます。

これはチェックリストを作るとか、仕事を割り振るとかの問題ではないでしょう?

仕組みで何とかなるのか、それとも理念や想いの一致など精神論的な問題なのか…

10人以上いるお店では、とくに上記の様な誰がやる、誰がやらないの問題が多く非常に悩んでいます。

レベルの低い話しですが、どうぞよろしくお願いします。

ご質問ありがとうございました。

先生のところでは、まず色々問題があると思われます。

まず治療院を綺麗にすることは患者様が喜ばれることだと分っていても誰がやるの?となってしまう。

そもそもそれはなぜそうなったのでしょうか?

今、先生のところではスタッフVSスタッフになってしまっています。

本来は協力しなくてはいけないスタッフなんですが、その構図がおかしくなり始めています。

そうなると次は経営者(会社)VSスタッフになります。

まず何が問題というと先生のところは誰も見本となる人がいなくて、すべてが人任せになっている。

それをチェックリストで管理したらできるかなと思えば、それが逆によくなかったという風になります。

これは先生だけではありません。

本当にどこの治療院でもよくあることです。

これを理念がない、想いの一致といってしまえばそうですがそれだけではないのです。

まずできれば先生がそうじをしてみてはどうでしょうか?

私達経営者も人任せになりがちです。

私はスタッフに自分が経験したことがないことは話ができません。

私が人任せになる前にそのことを経験しないといけないと思っています。

まず経営者自信が率先して、掃除、備品の管理など、全てをして見本を見せる。

そして、まずはその嫌なこと、良いことをそこを管理している院長もしくは店長に話をしてそしてまずその管理している人が誰かに言う前に率先してやっていたら自然に皆でやろうという文化ができると思います。

そして、皆で掃除のことや備品のことを「なぜ大切か?」ということを全体で話をするとみんな同じ意識でいけるようになります。

まず経営者自信が掃除や備品の管理など色々してみてください。

これは本当に大変だと思いますが、それを人に任せると誰がやるの?という文化になります。

参考になればうれしいです。

↑ TOPへ戻る
  • お知らせ
  • 協賛サイト

© 次世代治療院革命 All Rights Reserved.